2013年に読まれた記事トップ10

流行っているみたいなので、自分のところでも見てみました。Jetpack のサイト統計情報の1年分です。

2012-12-31 to 今日

  1. gdm でのシャットダウンの禁止 (2007年10月)
  2. GNOME でのシャットダウンの禁止—最近の流儀 (2011年6月)
  3. 2台所有する自動車の1台を手放すとき、保険は等級の高いほうを残すことができる (2013年2月)
  4. WordPress 3.6 日本語版 (2013年8月)
  5. WordPress: フィルターより前にショートコードを実行させる (2013年3月)
  6. wp-login.php への攻撃に対処する (2013年9月)
  7. 公開 Jabber/XMPP サーバー (2011年7月)
  8. 日本語スタイルガイド項目別比較一覧表 (2012年3月)
  9. ja.po のコメント欄に見る WordPress 日本語版の歴史 (2013年5月)
  10. Jabber と WordPress (前編) (2010年11月)
  11. Firefox に新しいプロトコルを教える (2012年2月)

1位の記事はとても古くて、そこから誘導している改訂版みたいな内容が2位なので、これらは実質同じもの。この情報は公式に近いところに見られないのでこちらに来ているのでしょうか。こういうちょっとした設定をしたいのにとてもわかりにくい GNOME の傾向はなんとか変わってくれないものかと思います。

3位の自動車保険の話も、意外と他所では見つけにくい情報なのでしょう。

4位の WordPress 日本語版リリースリーダーの話は、twitter や facebook で広めてもらった(自分の記事としては)ようです。

5位は、いまこのリストを見て自分でも意外でした。これも他所にはあまりない情報なのかなあ。

7位と10位は古い記事ですが、Jabber/XMPP の情報は日本語ではとても少ないので、ここにたどり着くのでしょう。公開サーバー STEP.im をよろしくお願いします。

9位は、WordPress 10周年に寄せて書いたものです。

1位と2位が実質ひとつなので、11位まで掲載しました。

このブログを継続的に見ている人はたぶんほとんどなく、検索でその記事だけ単発にたどり着くのが大部分だと思っています。あたりまえのことですが、他所にない情報がよく見られているということですね。来年もそんな記事をいくつか書ければと思います。

WordPress からのほぼすべての通知を XMPP で送信するプラグイン wp_mail to XMPP

先日、WordPress のフォーラムの話題に触発されて、「コメントが来たことをメール以外で知らせる方法」という記事を書きました。

そのあともう少し一般的に考えてみました。WordPress から多くのメールが届きますが、そのほとんどは単なる「通知」で返信を要しないものです。つまりメールである必要はないのです。ということは、コメントがついた時だけでなく、WordPress からのすべてのメールを XMPP にしてもいいのではないか、と思いました。メールと XMPP は形式がとてもよく似ており、そのまま宛先を変えるだけでいいのではないか、と。

探してみたら、同じ目的の XMPP sender というものが既にありました。しかし中を見てみると古くて、メンテナンスもされていないようです。また、完全に wp_mail() を置き換えているので、条件によっては XMPP ではなくメールで送りたいと思っても応用が効きません。

WordPress からの通知は、更新・ユーザー追加・コメントなど発生源は種々あっても最終的には wp-includes/pluggable.php の中の wp_mail() によってメール発信が行われています。[1] wp_mail() を見てみますと、

function wp_mail( $to, $subject, $message, ...) {
	extract( apply_filters( 'wp_mail', compact( 'to', 'subject', 'message', 'headers', 'attachments' ) ) );
		...
		$phpmailer->Send();
}

という構造になっています。冒頭のフック ‘wp_mail’ は、たぶん送信先の追加や、subject(件名)や message(内容)に一律に何か加工するなどを想定されていると思いますが、その中で XMPP 送信を行ってしまえばいいと考えて、次のようなプラグインを作りました。

wp_mail to XMPP
Send almost all notifications via XMPP instead of email

https://github.com/mako09/wp-mail2xmpp にも置いてあります。

前の記事「コメントが来たことをメール以外で知らせる方法」でざざっと書いて示したプラグインは、その機能が今回のプラグインに完全に含まれますので、忘れてください。

なおこのプラグインは、別のプラグイン XMPP Enabled を利用していますので、それを先にインストールしてください。

きっかけとなったフォーラムの話題のように、複数の投稿作成者がいて誰かが投稿したことを他の作成者たちが知りたい、という場合には、投稿を通知するプラグイン(公式ディレクトリで “post notification” で検索すれば、いろいろ見つかります)、たとえば New Post Notification などをインストールしておけばいいでしょう。そのメール通知も今回のプラグインで XMPP に振り替えます。

wp_mail to XMPP の中身

このプラグインは2つのフックを備えています。

abort_xmpp_sender は、XMPP送信処理を中止するためのものです。たとえば「コンタクトフォームからの送信は、JID の有無に関わらず、メールで送信する」としたい場合、件名やヘッダなどで判定するフィルターを追加すれば、実現できます。

email_to_jid は、メールアドレスから JID に変換するフィルターを呼び出します。デフォルトでは、そのサイトに登録されているユーザーかつそのユーザーがJIDを設定している場合のみ、JID を返すフィルターを設定しています。たとえばコメントをつけた人が入力したメールアドレスのように、JID を見つけることができなければ、その人には XMPP 通知を出しません。このフックにさらにフィルターを追加して、たとえば JID があっても XMPP 通知を出さない人を設定する、あるいは逆に、JID が見つからない場合は管理者の JID に XMPP 通知を出す、などを実現できます。

これらの後に、JID があれば XMPP 通知を、JID がなければメール通知を行います。XMPP に送られる通知では、subject(件名)と message(内容)をそのまま用い、headers(ヘッダー)と attachments(添付)は送信せず無視しています。

オプションで、XMPP 通知を行ったユーザーにもメール通知を行うように設定することもできます。

おわりに

はじめてプラグインを公式に公開しようとしたら、実際に動作するコードの部分を書く時間の10倍くらいを、その周辺のことに費やしました。名前を決めること、コメントや readme を英語で書くこと、依存する別のプラグイン XMPP Enabled を国際化・日本語化して作者に連絡して取り込んでもらうこと……。いやはや、いい経験になりました。それでもコード自体にも英語にも自信がありません。おかしなところを見つけて知らせてもらえたらうれしいです。

  1. ただし Jetpack購読(subscription)は、実際には WordPress.com がメールを送信しているため、これに該当しません。

コメントが来たことをメール以外で知らせる方法

WordPress のフォーラムに次のような話題がありました。

「コメントが来たことを知らせる方法をメール以外でなにかほしい」

現在、ワードプレスを数人で管理し、記事を書いています。

私たちの環境では、ディスカッション設定の自分宛のメール通知のところにある「コメントが投稿された時」にチェックを入れています。

(中略)

メールに気づく派も気づかない派も、各ユーザーがメールの通知以外でコメントに気づくことが出来るようにしたいと思っています。

そこで私は、以前に書いた「Jabber と WordPress」を示しながら、ただし XMPP サーバーを確保できないと難しいので一般的ではないと回答しました。

さて質問文をよく読むと、

  • 投稿にコメントがついたことの通知を受け取るのは、その投稿の作者のみでよい

で済みそうです。一度の通知の送り先は1人でよい、ということであれば、先に示したややこしい仕組みは必要ありません。

やはりインスタントメッセンジャー(IM) の XMPP を利用した通知を行うことにします。

管理者の作業

公式プラグインのサイトから XMPP Enabled というプラグインをインストールします。

さらに次のプラグインをインストールします。これは XMPP Enabled と同じ作者による、投稿のあった際に XMPP で通知する Juick Crossposter というプラグインを、コメントの場合に置き換えて作り直してみたものです。

また管理者は次の節の脚注の作業も必要に応じて行ってください。

【追記】 これを元に、一般化して、プラグインを公開しました。「WordPress からのほぼすべての通知を XMPP で送信するプラグイン wp_mail to XMPP」を参照してください。

各投稿者の作業

先の質問では複数の投稿作成者がいるようです。そこでそれぞれが通知を受け取るためには、各人の PC やスマートフォンなどに XMPP クライアントを用意してもらいます。また、各人に XMPP のアカウント(JID)を取得してもらいます。WordPress.comのアカウントを取得すれば自動的に (アカウント)@im.wordpress.com が JID になるのでそれを利用できます。

さて投稿しているブログサイトで、各人は自分のプロフィールのページにある「Jabber/Google Talk」の欄に取得した JID を入力しておきます [1][2]

これで設定は完了です。コメントがつくと、そのコメントがつけられた元の投稿の作者に XMPP で通知が行きます。

  1. 「Google Talk」とありますが、2013年末現在、Google Talk はサービスがなくなり(Google+ ハングアウトに吸収され)、他の XMPP ネットワークと連絡できなくなりました。そのため Gmail アカウントはここでは利用できません。
  2. なお、つい最近の WordPress を新たにインストールして始めた場合には、この「Jabber/Google Talk」欄がないかもしれません。管理者は、たとえばこのページなどを参考に(そこでは悲しいことにJabber項目の削除として紹介されていますが、ちょうどその逆の操作です)、jabber というフィールド名の項目を追加してください。

昨年のクリスマスのおもちゃ Zometool

たまには子どものおもちゃのことなど。

昨年のクリスマス、4歳のスウちゃん(仮名)の元に届いたプレゼントは Zometool (ゾムツール)。その中の「ゾムツール Creator 1」というキットでした。

家ではダイヤブロック(知人の子からのおさがり)、保育園ではレゴが大好きなスウちゃん。といって同じものを増やすだけでは面白くない、と父である私はサンタクロースの代理人として悩みました。

布団に入ってつらつら考えるうちに、そうだ、組み立ておもちゃでもいま遊んでいるのはボリューム系(中身の詰まったブロックタイプ)だから、逆に骨格系というのはどうだろう、と思いつきました。平面の多角形や立体の正多面体も作れるものがいいぞ、とこのとき頭にあったのは遠い学生時代に見た分子模型です。ノードになる玉を棒でつなぐようなものです。でも小さな子どもでも楽しめるんだろうか、多くの多角形や多面体を作ることができるようにするには、様々な角度に対応できないとならないぞ、するとノードの接続穴はどうなっていればいいだろう、いっそスポンジ玉のように自由に抜き差しできるものなんだろうか、棒もいろんな長さの種類がないといけないな……などと考えながら眠りに落ちました。

DSC_5303_1.JPG翌日、あれこれとキーワードを試しながら検索しているうちに見つけたのが Zometool でした。これは私の浅はかな考えをあっさりと超えたすばらしいシステム(ノードは斜方二十・十二面体、棒の長さは黄金比など)でした。これを考えた人はすごいし、これを子どものおもちゃにしているところがさらにすごい。4歳の子どもにはちょっと高度すぎるかなと思いつつも、私のほうがもうすっかり欲しくなってしまいました。

1年前でドル円のレートもまだ有利だったこともあり、アメリカの Amazon で、送料を加えても日本での価格よりずいぶん安く買うことができました。

スウちゃんはたいへん気に入り、付録の作例(PDF)マニュアル(PDF)をまねてさっそくいろいろな形を作りました。そのうち勝手に別の形のものを作っては壊して遊んでいます。夏にはマニュアルにもあるように、石鹸液に浸けて膜を張らせたりして遊びました。

年齢のいかない子どもにとってちょっと難しいのが、いったん挿した棒を抜くことです。このときに棒の挿す部分を折ってしまいがちです。特に赤(断面が5角形)が弱いようです。それが欠点といえば欠点。あとは価格がやや高いこと。

別のおもちゃなどに興味が移って最近でこそ Zometool の出番は減っていますが、数年経って、あるいはそれこそ幾何や分子構造の知識を得る頃にも、また楽しめるのではないかと思っています。

著作権表示の年を自動的に付ける

最近 twitter に流れてくる話を見ているうちに、ふとその隣の記事を読みました。「年末年始恒例、WordPressの著作権表示更新作業をやっと自動化した」。そうか、「年末年始恒例」なのか。

大前提。著作権表示はただの飾りなので、ほんとうはどうでもいいです。

この記事では年号表示を (開始年)-(いま) としています。そもそも著作権表示の全部が要らないのですが、そのなかでもさらに不要と言われている後ろの年、この方法だと「見ているとき」になってしまいますよね。最後の記事を公開したのが2013年のうちで、見る人が見たのが2014年になってからだったら -2014 になってしまいます。やはりここは「公開されたとき」じゃないかと思うのです。

そういえば数年前に別の方の「WordPressで時差分ずれない著作権年号表示の仕方」という、実に細かな心配りの記事を見たときにも、「気にするのはそこじゃないのでは?」と思ったものです。

もう長いこと前に WordPress 1.5 対応の「boxy but gold」というテーマの footer.php にあったコードを見て、これはいいやと思ってそれを改良して、私は次のようにしていました。ただの飾りなのでほんとうはどうでもいいのですが。

<?php
/**
 * Boxy Copyright
 * Provides a dated copyright mark.
 *
 * Author: Kaf Oseo
 * Author URL: http://szub.net/
 *         Copyright (c) 2005, Kaf Oseo (http://szub.net)
 *         Boxy But Gold theme released under the GNU Public License (GPL)
 *         http://www.gnu.org/licenses/gpl.txt
 * Author: Mako N
 * Author URL: http://pasero.net/~mako/
 *         Copyright (c) 2007, Mako N
 */
function get_boxy_copyright($userid=1) {
	global $wpdb, $m, $post, $year;

	if(!$userid || $userid == 0) {
		$copy_owner = get_bloginfo('name'); /* use blog name for copyright owner */
	} else {
		$blog_owner = get_userdata($userid);
		$copy_owner = $blog_owner->user_firstname . ' ' . $blog_owner->user_lastname;
	}

	$first_post_date = @$wpdb->get_var("SELECT post_date from $wpdb->posts where post_status = 'publish' ORDER BY post_date ASC LIMIT 1");
	$last_post_date = @$wpdb->get_var("SELECT post_date from $wpdb->posts where post_status = 'publish' ORDER BY post_date DESC LIMIT 1");
	if(is_single() || is_page()) :
		$copydate = substr($post->post_date, 0, 4);
	else :
		if($m) :
			$copydate = substr($m, 0, 4);
		elseif($year) :
			$copydate = $year;
		else :
			if(substr($first_post_date, 0, 4) == substr($last_post_date, 0, 4))
				$copydate = substr($first_post_date, 0, 4);
			else
				$copydate = substr($first_post_date, 0, 4) . '-' . substr($last_post_date, 0, 4);
		endif;
	endif;
	return ( __('Copyright&#169;') . $copydate . ' ' . $copy_owner);
}
?>

きれいじゃないけど、まあいいや。元作者のページは制限がかかっているようだし、このテーマもいまは手に入らないかもしれません。これも元は後ろの年が単に date('Y') になっていたのですが、それを最新記事の公開時にするなどを付け足したり、適当な名前の関数にしたのは私なので、ふだんは書きませんけど著作権がらみの話でもあることだし、責任の所在を明らかにするためにも自分の名前を入れておきます。

  • 投稿の単独表示や固定ページでは (公開年) になる
  • 年別アーカイブや月別アーカイブでも (公開年) になる
  • その他の複数投稿が表示される場面では (最古投稿の公開年)-(最新投稿の公開年) になる
  • 年の後ろは、作者の名前(またはブログ名)になる

というものです。ここしばらく付けていませんでしたが、この投稿を書くのでこのブログにも一番下に付けてみました。

何度も言いますが、ただの飾りなのでほんとうはどうでもいいです。

WWW 20周年(自分の中で)

今年は World Wide Web、20周年(3回目)だそうですが、自分の歴史の中でもちょうど20周年です。節目でもあるので、覚えていることを書いておこうと思います。

インターネット歴史年表で1993年を見ますと、NCSA Mosaic が公開された年です。何しろこれから WWW という時代ですから、情報元は雑誌(UNIX MAGAZINE)と fjニュースグループでしたが、身近にいた人から直接聞いて、Mosaic の動いているさまを見せてもらったのが大きなきっかけでした。早速 Mosaic を手元のマシン(Sun SPARC Classic を使っていました)にインストールして、はじめて WWW に触れたのは1993年のちょうどいまくらいの季節だったと思います。確か匿名FTPサーバーというのが日本にいくつかあって(Archie というサービスで目的のソフトを探す)、そこからダウンロードしたんだと思います。いま思えば回線はかなり細かったはずです。

それで国立がんセンターの gopher サイトで気象衛星ひまわりの画像を見たり、NTT の「日本のWWWサーバー」(そう、その頃は日本中の「全リスト」が一覧できるくらいの数しか存在しなかったのです)を見ては新しいサイトを見にいったりしていました。

何しろこの年に HTML 1.0 が出たばかりだし、本もなにもありません。Mosaic には現在のブラウザと同様に「View Source」ができたので、簡単なページのソースを見て、真似しながら書いてみたりしたものです。<P> は段落の最後につけて、ほとんど改行という意味だったし(閉じタグ</p>はまだ存在していなかった)、箇条書きの<LI>などにも閉じタグはありませんでした。それにこのように大文字で書くのが習わしでした。それから自分のマシンに CERN HTTPd や NCSA HTTPd をインストールして試したりしていました。SunOS は当時たいへんポピュラーだったので、インストールは苦もなくできたのです。

年が明けて1994年、冬季オリンピックの公式ページが公開されていると知り、会期中よく見ていたのを覚えています。ノルディック複合などで日本勢の活躍が期待された大会で、いち早く結果を知っては周囲の人に見せびらかしていました。

個人がインターネットに接続できる状況(それもダイヤルアップ)になるのは、それからしばらく後でした。

オチもなにもありません。ただの思い出話でした。