Automattic製テーマ Coraline と Pilcrow の日本語化

Automattic は言わずと知れた WordPress の開発元、そしてブログサービス WordPress.com の運営元です。WordPress 公式テーマディレクトリで、その Automattic 製のテーマが公開されています。

Coraline は、TwentyTen の双子のようなテーマで、むしろこちらのほうが柔軟性があると私は勝手に思っています。Pilcrow は2012年になって登場し、Coraline の後継じゃないかとこれまた勝手に思っていますが、配布版 WordPress のデフォルトとなってもおかしくないと思える作りのテーマです。

たぶん WordPress.com のサービスでは、これらのテーマが様々な言語に対応して提供されているのでしょうが、この公式ディレクトリで配布されているものには言語リソースが(日本語に限らずどの言語のものも)同梱されていません。

「非公式」日本語リソース

そこでこの Coraline と Pilcrow の日本語リソースを作成したので公開します。と言っても、デフォルトのテーマ TwentyEleven とほとんど同じメッセージですのでそれを取り込んで、独自に訳す必要があったのはほんの数個です。

中身はそれぞれの ja.po と ja.mo だけです。テーマをインストールしたディレクトリの languages/ 以下に ja.mo を置いてください。

「公式」日本語リソース

Twitter でひょんなことからこの Automattic 製テーマの日本語リソースの話になったところ、Nao さんから

Naoko McCracken
@mako0901 @urepko こちらもよかったらどうぞー。http://t.co/SqfNQ51P WP.com アカウントでログインすればページの下の方からエクスポートできますが。。。 このやり方どっかに書いたほうが良いですね。
2012年3月20日 – 22:02

というリプライがありました。「公式」リソースが、普通には気付けないこんなところに隠れていました。「このやり方」をここに書いてみます。この短縮されているけれど本当は長い URL には、次のようにしてたどりつけます。

まず、http://translate.wordpress.com/にアクセスします。Projects の WordPress.com に進みます。さらに日本語の Japanese に進みます。ここで、右上の Log in で、WordPress.com のアカウントを使ってログインしておきます。

左端にある Filter↓ をクリックします。Term: に、絞り込みたい語を入力します。ここでは、coraline と入力します。その右側の選択肢は、Either と Current/waiting/fuzzy のままでかまいません。そして「Filter」ボタンをクリックすると、テーマ coraline に関するメッセージだけが抽出されます。

画面の一番下に行き、only matching the filter を po として、Export すれば、目的のものが手に入ります。テーマ pilcrow のものだったら、検索語を pilcrow にするだけです。

これで po が手に入りますので、ja.mo に変換して、適切な場所に配置します。


【追記】 Nao さんのところに、より詳しい解説が出ました。「GlotPress から WordPress.com の無料テーマの翻訳をエクスポートする

Gajim 0.15

XMPPクライアント Gajim の0.15 が公開されました。日本語化ファイルは大幅に見直したので、以前より隨分よくなったと思っています。お気づきの点がありましたら、メール mako(あっと)pasero.net または XMPP でも同じ形の mako(あっと)pasero.net までお知らせください。

日本語スタイルガイド項目別比較一覧表

JTF日本語標準スタイルガイド」というのを見つけました。

2012年1月30日1.0版です。簡潔にまとめられていてわかりやすいです。迷うようなところは両論併記であとは使う方に任せるとなっているところもあるため、これだけで、というよりこれをベースにしてローカルルールを補うというものになるのかもしれません。「商業目的を含む翻訳作業時の日本語表記ガイドラインとして自由に配布、複製、使用できます。」と明記されているので安心です。

基本ルールの“原則として記号類は全角で表記する。”を「半角」とすればそれだけで、いま私が関わっている翻訳作業のルールにほぼ合致しそうです。ただし具体例があまり多くないので、その点は以前に見つけた日本語スタイルガイド」(PDF)のほうが参考になります。

さて、そのあとも検索を続けていたら、このJTF日本語標準スタイルガイド作成する過程にまとめられたと思われる、「日本語スタイルガイド項目別比較一覧表」を見つけました。これはすごい。とても個人でできる作業ではありません。標準ガイドの付録としてでも公表しないのはもったいないくらいに思います。ぜひ参考にしたいと思います。