XMPP チャットと bot でタイピング練習

スウちゃん(仮名、4年生)がパソコンでやりたいことのひとつが「字を打てるようになる」こと。

学校でローマ字も習ったし、パソコンには以前からちょっとは触っているので、人差し指打法でたどたどしくは打てます。せっかくだから「正しい」タイピング技法(タッチタイピング)を習得させてやりたいと思っています。父である私はそれをやらずに我流のまま来てしまいました。ある程度までは速く打てるものの指が定まっていないため間違いが多く、打ち直しのため結局は遅いことになってしまっています。きれいにすらすらと打てる人は本当に間違いも少ないので、スウちゃんには最初からその方向でいってほしいと思っているのです。

子どもでもできそうな練習アプリやサイトを見て回りました。Windows 向けはまず却下。ウェブ版のほとんどは Flash ですが、いまどきこれで大丈夫なのでしょうか。Debian の Firefox に Flash を入れて動かすのが面倒なので、これもできるだけ避けたいところです。

いずれにしても、練習の順番に疑問を感じます。たいていのものはまずホームポジション (f)(j) からです。しかしこの2字とも日本語での出現頻度はかなり小さいはずです。「jjj fff」など日本語でもないから、つまらないことこの上なしです。もっと「日本語のローマ字入力のためのタイピング練習」というのがないものでしょうか。

ちょっと検索してみて、こんな意見を見つけました。「これぞ最速!ブラインドタッチ(タッチタイピング)の効率的な練習法」です。

  1. 指を基本となるホームポジションに置く
  2. パソコンのキーボードを見ながらローマ字のAIUEOを入力する
  3. キーボードを見ずに、パソコン画面を見ながらAIUEOを何度も入力する
  4. 子音を入れつつ練習する
  5. ……

そうだよなあ。この順番のほうがうんと納得がいきます。練習ソフトでこの順番になっているものは意外と見つかりません。

というわけで、既存の練習ソフトに頼らないことにしました。

前回、チャット(XMPP)のクライアント使えるようにしたので、チャットの相手側に私がいて「あお」「いおえ」……などと打ってやり、それをオウム返しに打つことにしました。日本語にない単語になってしまいますが、この際しばらく我慢してもらうことにして。

ついでに、日本語でのキーの出現頻度を検索して見つけた「ローマ字頻度表」によると、母音、n の後は t, k, s, … らしいので、この順に1字づつ(ひらがなでいえば5音づつ)増やしていくことにしましょう。

さて、ずっと付き合うのは私もたいへんなので、Errbot が相手をするようにプラグインを書いてみました。超いい加減ですがメインはこんな感じ。

    @re_botcmd(pattern=r"^(.*)$", prefixed=False, flags=re.IGNORECASE)
    def question(self, msg, match):
        """文字列を表示する。それを入力してみてください。"""
        if not self.active:
            return None

        s = [[] for i in range(self.levelmax+1)]
        s[0] = 'あいうえおん' * 15
        s[1] = s[0] + 'かきくけこたちつてと' * 10
        s[2] = s[1] + 'さしすせそやゆよ' * 10
        s[3] = s[2] + 'なにぬねのはひふへほ' * 8
        s[4] = s[3] + 'らりるれろ' * 8
        s[5] = s[4] + 'まみむめもわを' * 6
        s[6] = s[5] + '、。ー' * 5
        s[7] = s[6] + 'がぎぐげござじずぜぞ' * 5
        s[8] = s[7] + 'だでどばびぶべぼ'  * 3
        s[9] = s[8] + 'ぢづ'
        s[10]= s[9] + 'ぱぴぷぺぽ' * 2

        reward1 = ['😀','😃','😉','🙂','❤','💗','💞','🎀','👌','✌','👏']
        reward2 = [' OK! ',' いいね! ',' ばっちり! ',' うまい! ',' じょうず! ']

        if match.group(0) == self.get('word'):
            yield(random.choice(reward1) + random.choice(reward2) + random.choice(reward1))

        self['word'] = ''.join(random.choices(s[self.level], k=self.length))
        yield(self['word'])

UI は XMPP クライアントだし応答は Errbot にお任せなので、書くのは実質ほんのわずかです。文字どおり子供だましで、そう遠からず飽きてしまいそうですが。

ノートパソコンに Debian をインストール

スウちゃん(仮名、4年生)が「ノートパソコンがほしい」と言い出しました。学校でも PC に少し触ることがあるし、家でも親がスマホやタブレットでなく大きな画面でカタカタやっているので興味はあるのでしょう。ほう、では何をやりたいか書き出してごらん、と言うと、「字を打てるようになる」「ゲーム」「メール」「プリント」とのこと。「プリント」って何と聞いてみると、宿題などのために調べ物をしたらそれをプリンターに出したいということでした。

ラップトップ型パソコン

興味を持ったときがチャンスだと思い、早速探してみました。はじめ中古は考えていなかったのですが本人に「中古でもいい?」と聞いてみたらまったく気にしないとのことで、1年落ちで14インチ、メモリ8GB、SSDが240GBという一段上のスペックのものが安い価格で見つかり早速購入。いまどき OS なしのパソコンを探すのは難しいので Windows10 も込みです。状態説明で「タッチパッドにテカリあり」となっていましたが、仮に新品でも使いはじめたらすぐにこのくらいになってしまうだろうという程度で、それに普段使う角度から見るとまったく気になりません。ほかに特に問題はなく、今のところいい買い物だったと思っています。

さて Windows10 が入っていても、私自身が普段使いしておらず面倒を見きれないので、さっそくおさらばすることにします。購入時に聞いたのですが Windows のプロダクトキーはどこかに記載したものは一切ないとのことでしたので、一度 Windows10 で起動して確認し(その方法はネットで探しました)、控えておきます。これで、そのうちどうしても他所と同じ Windows じゃないとと言い出した時には戻せます。

Debian stretch のインストール

現時点での安定版 Debian stretch をインストールしていきます。

まず親機で netinst イメージ (300MB ほど)を USB メモリにコピーします。これをラップトップ機に挿して起動し、あとは画面の指示に従っていくだけです。途中、ハードウェアを解析し必要なものを要求してくるので、それ( firmware-iwlwifi の deb パッケージ)を親機で 別の USB メモリに入れて、ラップトップ機の別の USB の口から与えました。ネットがつながればあとはあっさりインストール完了です。

task-xfce-desktop を選択したので、LibleOffice はじめ一通りのアプリケーションが揃っています。日本語変換は fcitx と mozc (キー設定はMS-IME互換)の組み合わせ。デスクトップのパネルを下に配置することで Windows にかなり似せました。「学校でさわるのとちょっと違うよ」と言い、スウちゃんも今の時点では難なく受け容れています。

スウちゃんの希望(「ゲーム」は昨年のクリスマスに Nintendo Switch をもらったこともあって却下)に沿うため、thunderbird をインストールしましたが、実際にはまだ使っていません。XMPP (チャット)クライアントの Gajim を入れてやり、同じ家の中から私が話しかけてやります。スピーディだし、絵文字もすぐ選べるから楽しいし、なんとか返答しようとしてキー入力もやります。動機づけには十分です。

印刷のためには、cups のパッケージを一通りと、うちにあるのは Brother のプリンターなので、メーカーのサイトから入手したドライバーをインストール。そうか、そのドライバーは i386 用なので、その前にマルチアーキテクチャ対応にする必要がありました。

久しぶりにクリーンインストールを行いましたが、それにしても Debian のインストールからデスクトップ環境構築までがこんなに楽になっているとは驚きました。