フォントの指定をやめる

久々に Windows を使う機会があって、この自分のページを見てみた。見難い。醜い。明朝体の表示がこうも汚いのは何かの陰謀だろうかと思えるほどだ。WordPress のテーマのカスタマイズの記事などで「まずゴシック系を指定して」という記述をよく目にするのはこういう訳だったのかと今更ながら思った。

身の周りにある本らしい本を見てみれば、見出はともかく、本文はたいてい明朝 (serif) 系ではないか、という信念で、この自分のページは明朝 (serif) 系で表示するようにしていたのだが、こんな表示では逆効果なのであった。Windows の設定をいろいろいじればもう少し何とかなるのかもしれないが、普段からしっかり使いこなしている訳でもないから、簡単にできることではなさそうだ。きっと大多数のユーザーもそんなものだろう。

さて、ではなるべく多くの人にきれいに見せるにはページの制作側では CSS での font-family をどう設定したものか、と考え始めた。いろいろ探しまわって考えているうちに、もうそういうのはやめて見る側にまかせてしまえばいいや、という気になってきた。

Vista以降の人は見慣れたメイリオで。
XP以前の人は見慣れたMSPゴシックで。
メイリオが気に入った人は、メイリオで。
Macの人はヒラギノ角ゴで。
明朝が好きな人は、明朝で。
へた字とか好きでたまらない特殊なフォントで。
(流儀 font-familyは指定すべきか)

WordPress 関連のページを見る機会が多くデザインを重視する記事をたくさん見ていたのですっかり忘れていたけれど、そもそも HTML というのは、見る側の環境によって違って当たり前なのだった。

「本文は明朝系」という信念の人(私だ)はブラウザのデフォルトを serif に設定しているだろうし、Windows でも自分の好みの表示になるようにがっちり設定している人には、そのフォントで読めるようにしてあげればいいではないか。

という訳で、このページの本文の font-family の指定はやめることにした[1]。フォントに限らず横幅も何も、本来は見る側の自由なのだという気にだんだんなってきた。

  1. このページは coraline というテーマの子テーマで表示している【注:記事執筆時】。親テーマで font-family が指定されているので、子テーマでこれを消去はできず、そこで存在しないであろうフォント名を指定して上書きしている。
    body, input, textarea {
            font-family: undefined;
    }
    

“フォントの指定をやめる” への 2 件のフィードバック

コメントをどうぞ