チャットサポートを構築する (その3) Converse.js を WordPress で使うプラグイン ConverseJS for WordPress

【2018年4月20日追記】この記事は内容が古くなっている部分があります。「あらためてチャットサポートを構築する」もご覧ください。【追記ここまで】

(その1)テストのページに示したように、Converse.js は、css と設定のための script を読みこめば簡単に設置できます。ということは、WordPress のサイトにも設置できます。これを実現するプラグインを作り、公開しました。

GitHub にも置いています

Converse.js を同梱しているので、このプラグインをインストールするだけで済みます。

ダッシュボード -> 設定 -> Converse.js で、主な設定値の変更ができるようにしています。設定値の詳細は Converse.js のマニュアルを参照してください。

設定項目の最初の Converse.js URL は、空白にすると、プラグイン同梱の converse-min.js を読み込みます。ただのファイル名 converse.jsconverse-no-otr.min.jsconverse-no-locales-no-otr.min.js と書くと、やはりプラグイン同梱のものを読み込みます。外部のものを使いたい場合は、正しい URL を設定してください。

2番めの BOSH Server URL は、空白にすると、Converse.js が用意しているテストのための https://bind.opkode.im を使います。なるべくほかの BOSH サーバーを指定してください。

(その2)にも書きましたように、事前接続はまだよく理解していないので、正しい実装ができていません。設定の prebind (事前接続)にチェックを入れ、JID とパスワードを入力しておくと、正しく接続できて名簿も取得できるように見えるのですが、会話ができません。Converse.js の GitHub でのこの議論と同じだと思うのですが、具体的にどうしたらいいかわかりません。詳しい方がありましたら、ぜひ教えてください。下に述べるように、匿名サーバーに接続してチャットサポート的に使うことはできます。

設定例

オープンな XMPP クライアント

初期状態のままで、ふつうの XMPP クライアントのようになります。右下にウィンドウが表示されているはずです。JID とパスワードを入力すれば、そのまま使用できます。

チャットに使用するアカウント (JID と呼ばれます)を持っていなければ、公開サーバー(たとえば STEP.im)で作ることができます。あるいは WordPress.com のアカウントを持っていれば、name@im.wordpress.com の形で、JID として使うことができます。

facebook のチャットにも使えます(たぶん)。JID に (ユーザー名)@chat.facebook.com を入力します。facebook はその中で閉じているので、facebook 以外と会話することはできません。

チャットサポート

匿名サーバーに事前接続することで、チャットサポートの形にすることができます。

prebind にチェックを入れます。JID 欄には匿名サーバーのホスト名だけを入れます。パスワード欄は空のままにしておきます。これで、これが設置してあるページを開くと、自動的に匿名サーバーに接続し、IDを割り振られます。

一応これで使えるのですが、やはり事前接続の正しい理解と実装ができていないので、ページ遷移(WordPressの同一サイト内で別のページに移動した場合)に対応していません。いったん接続が切れて、また新たに接続する(匿名サーバーだと新しいIDになってしまう)ことになってしまいます。詳しい方がありましたら、ぜひ教えてください。

この項もう少し続く

“チャットサポートを構築する (その3) Converse.js を WordPress で使うプラグイン ConverseJS for WordPress” への 2 件のフィードバック

チャットサポートを構築する (その4) 連絡先の設定とまとめ | 半月記 にコメントする コメントをキャンセル