Wiki方言に泣く

身内の連絡・記録用には MediaWiki が使われていて、その後に Trac を使いはじめてみるとこちらは MoinMoin というのに似た書式で、ここ WordPress では WP-Dokuwiki プラグインで DokuWiki の書式。似て異なるため結局どれを使うときも書き方のページを横に出しておかなければ書けなくなってしまった。何だか余計に不便だ。

一年前に WordPress を使うことになり、Wiki 書式のプラグインを探したらちょうど WP-Dokuwiki が元気そうだったので導入してみたのだが、そのとたんに作者の興味がほかに移ってしまったのか、ぱったり開発が止まってしまった。DokuWiki は他の2つの書式とも随分違っていて、だんだん嫌になってきた。

あらためてまた探してみると WP-MediaWiki プラグインを見つけた。 しかしこの手のものの欠点は、一度導入してそれで書き始めると、やめるわけにはいかなくなるということだ。今後 WP-Dokuwiki で書くことはないとしても、過去の記事をちゃんと整形されて見られるためにはこのプラグインをはずすわけにはいかない。

WP-MediaWiki プラグインはまだ不完全のようだし、しかも昨秋以降は更新がなさそうだし、これまた不安だ。WordPressユーザの数は相当多いだろうに Wiki 書式のプラグインがあまり流行っていないのは、そもそも必要とされていないということなのだろうか。

確かにこのくらいの文章を書くくらいなら、HTML だろうがどの Wiki だろうが、たいしたことはない。WP 標準の、ちょっと HTML 混じりで書いておくのが将来的にもいちばんいいのかもしれない。

WP-MediaWiki もちょっと見てみたけれど、当分は WP-Dokuwiki からも離れて、標準ちょっとHTML混じりで書くことにしてみよう。

“Wiki方言に泣く” への 1 件のフィードバック

  1. iG:Syntax Hiliter プラグインと Footnotes プラグイン…

    WP-Dokuwiki をやめてしばらく WP 標準で書いてみようと思っている。WP-Dokuwiki で便利に思っていたのはソースコードのハイライトと脚注。これに代わるプラグインを探す。それぞれ数種類づ…..

    返信

半月記 へ返信する コメントをキャンセル