第何何曜日

日付を尋ねる場合に「何年何月何日」のようにあいだに別の語が挟まればいいのだが、「第何何曜日」というのは言いにくい[1]。次のような事情で「第何何曜日」を求める方法を検索したく、この単語でいいのだろうかと思ったが、やはり仕方ないのかこのまま書いてあるのがいくつか見つかった。ともあれ意味は通じるし、そもそも未知のところを「何」に置き換えればほぼそのまま表現できる日本語は強力だ。

さて、その事情というのは……うちの資源ゴミの収集日は「第 2, 4 月曜日」だ。うっかり忘れてしまうことがしばしばあるので、収集日 (の前日) に自分宛にメールを飛ばそうと考えた。cron では「第何何曜日」という指定はできないので、スクリプトのほうで判定する。せっかくだからメモしておく。

Y 年 m 月 d 日は、その月の第 i の w 曜日か

これは検索ですぐに見つかった。曜日は、PHP なら求める手段は用意されている。

$i = floor(($d+6)/7);
$w = date("w", strtotime($Y . $m . $d));

Y 年 m 月の第 i の w 曜日は、その月の d 日か

上の逆だから簡単だと思ったが、何度か試してみてようやく

$w1= date("w", strtotime($Y . $m . "01"));
$d = $i*7-6 + ($w+(7-$w1))%7;

とした。ここで $w1 は当該月の 1 日の曜日である。$d が当該月の最大日を越えない判定が必要かもしれないが、ゴミ収集日はたいていの場合 5 回目の曜日には設定されないので省略した。

【追記】5年半ものあいだをおいて、続きを書きました

ところでこのために PHP マニュアル日付・時刻関数を見ていたら、日の出時刻日の入り時刻を返す関数というものまであるではないか[2]

現代の都市生活者には日の出・日の入り時刻より、ゴミ収集日を返す関数のほうがありがたい。……と思ったら、この日の出・日の入り時刻関数は宗教上の必要から作られたらしい。別に農耕狩猟生活のためというわけではなかった。

  1. 「第何週の何曜日」というと誤解を招く。今月はたまたま 1 日 が日曜日だからいいとして、たとえば来月 (2007年5月) の「第 2 週の月曜日」は 7 日? 14日?
  2. 残念ながらここのサーバは PHP のバージョンが 4 なので、これらを使えない。

“第何何曜日” への 2 件のフィードバック

第何何曜日 再び | 半月記 へ返信する コメントをキャンセル